ドイツ語圏は意外と広い

ドイツ語圏は意外と広い

もしかするとドイツ語が使われている地域というのドイツだけだと思われている方がいるのかもしれませんね。「ドイツ」とそのまま地名/国名なので、ヨーロッパの地域や国ごとに独自の言語があるとも言えるでしょう。

 

ドイツの建物

 

確かにあるとも言えるのですが、公用語として実はドイツ以外にも使われている国々があるのです。

 

例えばオーストリア・スイス・ベルギー、オランダの一部やその地の地域です。

 

ドイツ語の母語話者が一億三千万人なので、日本の人口と大体同じです。そのうち、ドイツの人口が約八千万人なので、大体五千万人はドイツ周辺の地域の話者であると言うことができます。

 

そうなるとかなりの人々がドイツ語を話していることになるのです。EC圏内であればドイツ語はかなり通じるので、ドイツだけでなく近隣を列車や飛行機で周遊する旅においてもドイツ語は活躍するのです。

 

日本と同じ人口を対象にして学ぶこともできる

 

ドイツ語が現地だけで話されているのではなく、ヨーロッパでは一番多い話者数であるということを考えると、ドイツだけに限らず周辺の公用語の国の文化や背景を知る手段としてのドイツ語学習があります。

 

なおかつ公用語として話されている人口は日本とほぼ同じなので、それだけの広がりがあるということです。近隣諸国を旅する際にもきっとドイツ語は役立つことでしょう。

 

視野を広げればそれだけの機会がありますので、趣味の一環としてドイツ語を始めてみてはいかがでしょうか。